閉じる
  1. さつまいもの代表的な調理法とは?コツを知って賢く作ろう!
  2. 【九州の美味しいおやつ】いきなり団子風
  3. 【子供も喜ぶ】チーズたっぷり!いももち
  4. さつま芋のレモン煮
  5. 子供におすすめ!さつまいもの栄養価や特徴を把握しよう
  6. ほっこり芋のブルーチーズ焼き
  7. 【時短おやつ】さつまいもの塩バターソテー
  8. メープル風味のカリカリ芋けんぴ
  9. 【さつまいもの甘みがポイント!】さつまいもの信田巻き
  10. 【簡単2層ゼリー】みかん&牛乳寒天
閉じる
閉じる

おいもワールド|さつまいも情報配信サイト

【さつまいもダイエット】朝がおすすめなのはなぜ?理由とポイントを解説

「さつまいもダイエット中は、朝さつまいもを食べた方が良い」といわれているのは、なぜだと思いますか?さつまいもダイエットをはじめると、食べる時間帯についての疑問がでてくるかもしれません。

食べる時間帯を変えることで、さつまいもダイエットの成果が違うなら、試してみたいと思いますよね。そこで今回は、さつまいもダイエットで朝さつまいもを食べるのがおすすめな理由と、ポイントについてご紹介します。

この記事でわかることは以下の通り。

・朝にさつまいもを食べるのがおすすめな理由がわかる

・さつまいもの魅力が理解できる

・おすすめの食べ方がわかる

 

朝にさつまいもを食べるのがおすすめな理由

朝にさつまいもを食べるのがおすすめな理由をお伝えします。なぜ、昼や夜ではなく「朝」なのか、理由を知って、さつまいもダイエットを効率良く進めましょう。

 

日中の活動量が増えていく時間帯だから

朝は1日のはじまりであり、これから活動量が増えていく時間帯です。活動量が増えるということは、エネルギーも消費しやすい状態ですよね。

痩せるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす必要があります。夜は食事をしてから寝るまでの時間が短いため、脂肪を溜め込みやすい時間帯です。そのため、活動量が増えていく朝にさつまいもを食べることがおすすめです。

 

朝は自分の時間が取りやすいから

昼食や夕食は、同僚や友人とのお付き合いで食事をコントロールできないこともあるでしょう。周りの人が和食や洋食を選択している中で、自分だけさつまいもというわけにもいかないですよね。

そのため、一番自由な時間が多い、朝ご飯にさつまいもを食べると良いでしょう。

 

さつまいもの魅力は他にもある!

さつまいもは栄養豊富な食材であり、健康面や美容面でもおすすめです。なぜおすすめなのか確認しましょう。

 

食物繊維が豊富

さつまいもには、食物繊維が豊富に含まれています。さつまいもは、不溶性食物繊維が多く、便のカサを増やす作用があります。腸が元気に動くきっかけにもなるため、上手に取り入れると良いでしょう。

また、さつまいもにしか含まれていないヤラピンも含まれているので、便通にお悩みの方にとっては、おすすめの食材です。

 

満腹感が得られる

ダイエットに大敵なのが空腹です。空腹感から、食事以外の時間帯におかしを食べてしまうと、食事制限をしても消費カロリーが帳消しになってしまいます。その点、さつまいもは満腹感を得やすいため、暴飲暴食を防げるでしょう。

 

美容に嬉しい栄養も豊富

さつまいもには、食物繊維の他にもビタミンCやビタミンE、カリウムやアントシアニンなどが豊富に含まれています。さつまいものビタミンCは、でんぷんに守られているため熱に強く、ビタミンCを効率良く摂取できます。

さつまいもの栄養について、こちらの記事で詳しく解説しています↓

【さつまいもは女性のミカタ】実は栄養たっぷり!さつまいもの秘密

 

朝さつまいもを食べるときにおすすめの食べ方

朝さつまいもを食べるときにおすすめの食べ方は、電子レンジを使って作るふかし芋です。さつまいも1食分の目安は150gです。小さいさつまいもでは1本分、大きいさつまいもでは半分の大きさと覚えておくと便利ですよ。

さつまいもを良く洗ってから、ぬらしたキッチンペーパーでさつまいもを包み、その上からラップで覆います。電子レンジ600Wで1分加熱後、200Wで約10分じっくり加熱するだけで簡単に作れます。

※調理機器によって、加熱時間が異なる場合があるため、様子を見ながら加熱時間を調整してください。

さつまいもダイエットについて、こちらの記事で詳しく解説しています↓

さつまいもダイエットのメリット・デメリット|効果的な方法を大公開

 

忙しい方におすすめの食べ方

「時間がなくて、朝から焼き芋なんて作れない!」という方におすすめなのが、作り置きです。さつまいもを調理してから、ラップに包み冷凍保存することで簡単に食べられます。

冷凍保存するときのポイントは、小分けにしておくことです。小分けにすることで、必要な分だけ取り出して解凍できるので便利ですよ。

前日の夜に冷凍庫から出しておけば、自然解凍できるので手間もかかりません。ただし、気温が高い日などは食中毒のリスクを避けるために、朝になってから電子レンジで解凍しましょう。朝からふかし芋を作る工程を考えれば、解凍モードにかけるだけなので簡単です。

ダイエット中ではないけれど、朝ごはんにさつまいもを取り入れたい方におすすめのレシピです↓

さつまいもで簡単な朝ごはん!おすすめレシピ3選

 

運動と合わせて効率良く痩せよう!

主食をさつまいもに置き換えるさつまいもダイエットは、ご飯に比べてカロリーを制限できますが、さつまいもを食べるだけでは体重は減りません。

さつまいもを食べても、おやつや高カロリーのおかずを食べていては、摂取カロリーが増えてしまいます。さつまいもダイエットをするときは、全体的な摂取カロリーのバランスを考えましょう。

消費カロリーを増やすために、有酸素運動や筋トレを行うのもおすすめです。有酸素運動は、ウォーキングやジョギングなど、無理せず続けられるものを選んでみてくださいね。

 

まとめ

今回は、さつまいもダイエットで朝さつまいもを食べるのがおすすめな理由と、ポイントについてご紹介しました。さつまいもを朝食べることで、エネルギーを消費しやすくなります。

活動量が増えていく朝の時間帯に食べることで、効率良くダイエットができるでしょう。また、朝は自分のペースで食事が摂れるメリットもあります。

栄養豊富なさつまいもはダイエットにぴったりな食材なので、時間を味方につけてダイエット成功を目指しましょう!

関連記事

  1. さつまいもでダイエット!含まれている食物繊維や栄養がポイント

  2. さつまいもダイエットに効果的な食材の組み合わせ5選

  3. 韓国で流行中のコグマダイエット!理想の体型を目指すための実践法

  4. さつまいものカロリーや糖質を徹底比較|ダイエットに役立つ知識教え…

  5. さつまいもダイエットのメリット・デメリット|効果的な方法を大公開…

  6. 朝ごはん抜きダイエットのメリット・デメリット|おすすめの朝ごはん…

おすすめ記事

  1. 子供におすすめ!さつまいもの栄養価や特徴を把握しよう
  2. さつまいもは栄養価が高くてダイエットに最適!
  3. 【九州の美味しいおやつ】いきなり団子風
  4. さつまいもの切り口がピンク色だった!不安を解決するためのポイント
  5. 家庭の食品ロスをなくす工夫5選|環境とお財布に優しい取り組みはじめませんか?

おすすめ記事

  1. さつまいも掘り体験の魅力を知ろう!
  2. さつまいもは離乳食に使える?作り過ぎたときの保存法やアレンジ法もご紹介!
  3. スイーツで栄養を補おう|さつまいもの美容レシピ
  4. おならが臭い!困ったときの対処法6選
  5. さつまいもを食べて便秘解消!心まで明るくなる快腸習慣

おすすめレシピ

運営サイト:ドゥコンコード

販売サイト:スイートベジジュース

最先端医療:青山メディカルクリニック

ページ上部へ戻る